2006年10月28日

「手紙」

お待たせしました。第一弾は東野圭吾の「手紙」です。

テーマは「殺人犯の家族」。
背負わされた宿命に立ち向かう姿がリアルに描かれている。
久しぶりに本を読んだが不覚にもなきそうになってしまった。場面によっては読み返した。
それほどひきつけられる物語だった。
結局みんな自分が一番可愛いのである。「関わらない」という対応をする。
残酷のようだが現実派どうしようのないこともあるのだなと思ってしまった。

これから読むひとのために具体的なあらすじなどは書かないが是非読んでほしい。
似たような作品で松本清張の「砂の器」がある。同じく「殺人犯の家族」がテーマ。
2~3年前にSMAPの中居が主演でドラマ化されたので覚えている方も多いだろう。
両作品にはテーマ的に共通する部分があるが決定的に違うのは中居の役もまた
殺人者となることだ。
ドラマをみて思わず泣いてしまったことをおもいだした。  


Posted by hama1スタッフ at 20:52Comments(61)